花栗塾 (はなぐりじゅく)

? ? ?
? ?

Q1.どうして花栗?

花栗という地名の由来は、安行台地の突き出した地形を意味する「ハナ」と川の屈曲を意味する「クル」が転じて「花栗」となりました。江戸時代から1889(明治22)年3月まで花栗村と呼ばれていた。
 地区内の南光院付近からは古墳時代前期から平安時代にかけての遺物が発見され、早くから開かれた土地であったことがうかがえます。
---トップへ戻る---

Q2.どんな町?

画像

 草加市の治安を守る「草加警察署」があり、花栗1丁目から4丁目まで、国道4号バイパスを挟むように草加市の西部に位置し隣接した西側は川口市です。 最寄駅は、「松原団地駅」と「そうか駅」です。学校は、花栗南小学校と、花栗中学校があり、獨協大学が隣接しています。
 参考資料--草加市 市制50周年記念誌「あれから50年」より抜粋--
---トップへ戻る---    

Q3.花栗の歴史は?

 1957年(昭和32年)5月1日に境界変更のため、北谷・小山・苗塚・原とともに草加町へ川口市より編入されました。1958年(昭和33年)11月1日に市制施行で「草加町大字花栗」から「花栗町」に変更され、1987年(昭和62年)1月1日の住居表示の実施により現在の「花栗」になりました。
 
 参考資料--芦沢静栄氏の研鑽資料--
 参考資料--草加市 市制50周年記念誌「あれから50年」より抜粋--
---トップへ戻る---

Q4.花栗の名物は?

 しばらくお待ちください。
---トップへ戻る---

Q5.商店会って?

画像  花栗商店会は、1971年(昭和46年)に初代会長新井義春様のご尽力により、設立されました。当初は、30事業所で発足され、1992年(平成4年)1993年(平成5年)には100事業所が会員として登録されました。その後、社会情勢や不況の流れとともにいくつかの事業所などが退会され、現在は80事業所となっています。
 世代交代とともに、現在、第5代会長上岡仁勇(写真右)を中心に伝統を守りつつ、新規事業に積極的に取り組んでおります。
 花栗商店会・広報室調査--2011年(平成23年)12月現在--
---トップへ戻る---

Q5.ナイトバザールって?

画像  平成5年に第1回ナイトバザールを開催いたしました。それまでの花栗町内のお祭りを、花栗商店会が全面的にバックアップ体制を取り、地域と商店会が一体となって住民サービスの向上を目指し開催されるようになりました。
 以来、毎年7月に花栗通りを車両通行止めにし、綱引き大会、射的、金魚すくいなど様々なイベントを2日間に渡り実施されています。また、稲荷会の皆様のご協力を得て、御神輿も名物となっています。
 花栗商店会・広報室調査--2011年(平成23年)12月現在--
---トップへ戻る---